ケンコー社は登山用品・アウトドア用品の輸入代理店です。

Support Athlete

ブランドをサポートするアスリートをご紹介

鳥海 宏太

鳥海 宏太
Kota Toriumi

幼少の頃は登山、スキーを楽しむ家族の中で育つ。
小学校より野球を始め、高校で甲子園を目指すが届かず。
大学でも野球を続け4年生の夏に全日本大学準硬式野球選手権大会で優勝。
社会人になり再び山で遊ぶ楽しさを覚える。
2013年終わりごろからトレイルランニングを始める。
初夏から秋にかけてはトレイルを駆け回る。
冬から春はテレマークスキーでバックカントリーと1年を通して山で遊ぶ。

実績

【2014年】

OSJおんたけウルトラトレイル 100kの部 3位
石和・春日居温泉トレイルラン 総合4位
奥多摩ノスタルジアトレイルラン 準優勝

【2015年】

佐渡トキマラソン 2時間42分45秒 準優勝
柴又100k 7時間53分55秒 総合7位 一般の部4位
OSJおんたけウルトラトレイル 100mileの部 優勝
ウルトラトレイル・マウントフジ 総合12位 日本人6位
市川三郷市四尾連稜線トレイルラン 総合5位
深澤 俊明

深澤 俊明
Toshiaki Fukazawa

東京都新宿区出身。毎週末行くほど山遊び全般が(登山、スノーシュー、スキー)大好き会社員。学生時代はバスケットボールやスキーツアーを楽しむ。
社会人2年目頃から山歩きを始め、旅や温泉を兼ねて各地の山へ。身近な里山でも旅を兼ねて訪れる遠くの山でも、その場所・その時にしか見られない景色・雰囲気を味わい心から楽しんでします。
趣味は温泉と読書、好きな言葉は、夢を見るから、人生は輝く。

実績

2005年 アドベンチャーイン富士見 マウンテンマラソン10K 総合優勝
2009年 第1回ハセツネ30K 男子20代優勝
2010年 XTERRA JAPAN(丸沼大会)トレイルラン30K 総合優勝
2012年 XTERRA JAPAN(丸沼大会)トレイルラン50K 総合優勝
2012年 第20回日本山岳耐久レース 第19位
2014年 第67回富士登山競走 山頂コース(21.0 km) 第7位(2014年自己ベスト、過去6回出場)
2014年 第4回白馬国際トレイルラン ミドルコース(35.7 km)第2位
2015年 第7回信州戸隠トレイルランレース(ミドルコース 28km)優勝

島田 和昭

島田 和昭
Kazuaki Shimada

1973年3月13日生まれ 大阪府出身 山岳ガイド
日本プロガイド協会所属 国立登山研修所講師
日本山岳レスキュー協会事務局長

ガイドとして14年目を迎え剱岳や穂高岳のバリエーションルートを中心に沢登りや山岳スキーガイドなど幅広く活動している。近年は山での社員研修でのファシリテーション、山岳部のコーチング、山岳遭難救助の隊員としての活動も多い。

登山の思い

登山は人の本能から「気づき」を引き出してくれるのが魅力。
思い通りにならないのは実社会も山の世界も同じそこで与えられた状況を上手にサバイバルしていくための気づき、考え方、知恵など与えてくれる登山はいつも面白い。

経歴

屋久島三大岩壁クラミングや厳冬期利尻岳クライム&スキーライド
ヨーロッパアルプス マッターホルンやシャモニ針峰群でのクライミング

橋本 貴興

橋本 貴興
Takaoki Hashimoto

大阪府出身 プロスノーボーダー、プロスケーター
スケートボードとスノーボードでプロ活動。
中学生の頃からスケートボードに夢中になり、コンテストや撮影に明け暮れる青春時代を過ごし、3度の全日本チャンピオンに輝く。
スノーボードは高校生で長野県デビュー。スケートの影響でハーフパイプやジャンプを好み、94年全日本選手権ハーフパイプでプロ昇格。毎シーズン北信越エリアをベースに活動していた事も有り、降雪の量と質、バックカントリーエリアの広大さに魅力を感じ人生を懸けて掘り下げたいと言う思いで長野県信濃町に居を移し、リサーチ&ライドのウィンターシーズンを楽しんでいます。山の中での静寂な空間が心地良く大好き、酸いも甘いも教えてくれる自然からは学ぶ事が多い。座右の銘は『人生1回楽しんだ者勝ち』

高智 海吏

高智 海吏
Kairi Kochi

全日本代表ハンドボール選手(トヨタ車体所属)
1985年生まれ。高校2年よりハンドボールを始める。

私はインジンジを4年ほど前より履いています。
室内体育館で激しくハンドボールをする際、陸上トラックでインターバルトレーニングをする際、リラックスをする際でも常に愛用しています。
主にRUNのミッドウエイトを履いていますが、驚く事に、まだ破れたことがありません。
6年前より五本指に着目しており、今まで有名メーカーから無名な物までありとあらゆるメーカーの五本指ソックスを履いてきました。
率直に言うとインジンジのソックスはダントツでクオリティが高く他のソックスとは比べ物にならないという物です。
他の全日本メンバーのチームメイトに勧めても納得する選手しかいません。
これからもインジンジさんのソックスを履き、トップアスリートの自覚を持ち、パフォーマンスを上げていきたいと思います。

実績

2008年 北京オリンピック最終予選出場
2011年 全日本総合ハンドボール選手権優勝
2012年 岐阜清流国体成人愛知県代表準優勝
ロンドンオリンピックアジア予選準優勝
ロンドンオリンピック世界最終予選第3位
山本 道夫

山本 道夫
Michio Yamamoto

兵庫県出身 プロガイド
公益社団法人日本山岳ガイド協会 実技検定試験検定員
公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定養成指導者
関西山岳ガイド協会所属 理事

六甲山から始まり、フリークライミング、テレマーク、沢、トレラン、冬季アルプスでのクライミングと分け隔てなく実践してきた。
「登れた、登れなかった」だけではなく、山への取り組み方、計画段階、そこへ到達するまでの過程、問題解決への対処は登山を通じて得る事が出来る大きな収穫。
「メジャールートよりマイナーにこそ登山力が構築される」をコンセプトにガイド活動と研修活動を行っている。